×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

証券CFDとは

証券(しょうけん)CFDという言葉(ことば)を耳(みみ)にする機会(きかい)がない今(いま)、証券(しょうけん)CFDについて先んじ(さきんじ)て学ん(まなん)でおくことは、将来(しょうらい)必ず(かならず)役(やく)に立ち(たち)ます。証券(しょうけん)CFDについて造詣(ぞうけい)を深め(ふかめ)、来るべき(きたるべき)ブレイク期(き)に備え(そなえ)ましょう。まず、CFDについてご説明(ごせつめい)しましょう。CFDとは、「Contract For Difference」の略(りゃく)です。Contractは「契約書(けいやくしょ)」「合意書(ごういしょ)」などの意味(いみ)があります。Differenceとは「相違(そうい)」「差(さ)」という意味(いみ)ですね。よって、この言葉(ことば)の意味(いみ)は、買値(かいね)と売値(うりね)の差額(さがく)「Difference」に関し(にかんし)ての現金(げんきん)決済(けっさい)をする為(ため)の契約(けいやく)「Contract」となります。少し(すこし)具体的(ぐたいてき)に述べる(のべる)と、証券(しょうけん)CFDとは、国内外(こくないがい)における株式(かぶしき)、株価(かぶか)指数(しすう)、株価(かぶか)指数(しすう)先物(さきもの)、そして債券(さいけん)先物(さきもの)を対象(たいしょう)にした「証拠金(しょうこきん)」の差金(さきん)決済(けっさい)取引(とりひき)です。FXが外貨(がいか)を扱っ(あつかっ)て差金(さきん)決済(けっさい)取引(とりひき)を行う(おこなう)のに対(たい)し、証券(しょうけん)CFDは株式(かぶしき)や債券(さいけん)を扱う(あつかう)取引(とりひき)となっています。証券(しょうけん)CFDがポストFXと呼ばれ(よばれ)ているのはこの為(さ)です。証券(しょうけん)CFDとは、株式(かぶしき)、債券(さいけん)のFXと言っ(といっ)ても過言(かごん)ではないのです。この証券(しょうけん)CFD、日本(にっぽん)では非常(ひじょう)に知名度(ちめいど)の低い(ひくい)状態(じょうたい)ですが、すでにヨーロッパを中心(ちゅうしん)とした海外(かいがい)の投資家(とうしか)の間(あいだ)ではメジャーな投資(とうし)商品(しょうひん)となっています。ロンドンに至って(いたって)は、全(ぜん)金融(きんゆう)商品(しょうひん)の取引(とりひき)の30%が、この証券(しょうけん)CFDなのです。これで、証券(しょうけん)CFDが確実(かくじつ)にブレイクする理由(りゆう)がお分かり(おわかり)になったかと思い(とおもい)ます。日本(にっぽん)は、海外(かいがい)ですさまじく盛り上がっ(もりあがっ)た流行(りゅうこう)を数年(すうねん)遅れ(おくれ)てから流行らせる(はやらせる)傾向(けいこう)が顕著(けんちょ)です。その例(れい)に倣え(ならえ)ば、証券(しょうけん)CFDは今年(ことし)から来年(らいねん)にかけて、必ず(かならず)流行(りゅうこう)となるでしょう。すでに海外(かいがい)で普及(ふきゅう)しているということは、投資家(とうしか)にとっても有益(ゆうえき)な取引(とりひき)であるということです。それが日本(にっぽん)でだけ流行ら(はやら)ない理由(りゆう)はありません。CFDとは、既に(すでに)ブレイクが確約(かくやく)された金融(きんゆう)商品(しょうひん)なのです。ウォーターサーバー

証券CFD

証券CFDという言葉を耳にする機会がない今、証券CFDについて先んじて学んでおくことは、将来必ず役に立ちます。

証券CFD